Note: 入稿用 PDF への書き出し方法

入稿用 PDF への書き出し方法

Illustrator と InDesign の印刷向け PDF ファイルへ書き出す方法を簡単に説明します。 フォントデータやリンク画像を埋め込んだ PDF/X と呼ばれる“印刷に適した条件を備えた PDF ファイル”を作る方法です。

例えば Illustrator ファイルと配置した画像ファイルを受け渡す方法に比べ、以下のようなメリットがあります。

初回だけ、

という手順となり、この方法を説明します。次回からは、

とするだけでよくなります。

【0】下準備

Illustrator(CS4以降)または InDesign で、裁ち落としの設定を3㎜(または9pt)にしておきます。 大切なのは、四辺ともに同じ数値にすることです。
もちろん、Illustrator でもアートボードと実際の印刷物の位置・サイズを揃えておきます。

Illustrator でも、トンボは通常(アートボードと内容を合わせる前提のもとでは)必須ではありません。 トンボが校正時に必要、作業上あった方がよいなどの理由で、もちろんあっても構いません。

トンボがないと困るケースは、折トンボ・ミシン目のトンボなどが必要な場合です。 そのような場合は、まず通常のトンボを書いてから折トンボ・ミシン目トンボなどを書き足します。 その上で、(少々イレギュラーな方法ですが)裁ち落としの設定を9㎜(または27pt)と設定します。 こうすることで、自作のトンボまで含めた PDF ファイルができあがります。 (通常のトンボであれば、印刷時や PDF 書き出し時の設定によって付加することができます。 Illustrator や InDesign のいう“裁ち落とし”とは、言わば“印刷境界線”といった働きをしているようです)

Illustrator で前もって文字のアウトライン化やリンク画像の埋め込みをしておく必要はありません。

【1】保存・書き出し

Illustrator なら「別名で保存」でファイル形式“Adobe PDF(pdf)”、 InDesign では「書き出し」で形式“Adobe PDF(プリント)”を選択します。

保存場所・ファイル名は任意ですが、ファイル名には「印刷用」や「PDFX4」、「PDFX1a」などの語句を入れておくとよりよいでしょう。 昨今特に見本用、校正用などいろんなことに PDF を多用しますので、ファイル名で区別できるようにするほうが望ましいです。 (「PDFX4」と「PDFX1a」の違いは後述します)

【2】プリセットを選択

Illustrator で「Adobe PDF を保存」、InDesign で「Adobe PDF を書き出し」というダイアログが開きます。
いちばん上に“Adobe PDF プリセット:”という項目があります。 このプリセットから“PDF/X-4”か“PDF/X-1a”の(単語の含まれる)PDF プリセットを選択します。
(図はIllustrator CC2015 で“[PDF/X-4:2008 (日本)]”を選択したところ)
(【参考】Illustrator CC2015 では、 [Illustrator 初期設定]、 [高品質印刷]、 [雑誌広告送稿用]、 [PDF/X-1a:2001 (日本)]、 [PDF/X-3:2002 (日本)]、 [PDF/X-4:2008 (日本)]、 [プレス品質]、 [最小ファイルサイズ] が選べます)

【3】裁ち落としを設定

左リストから「トンボと裁ち落とし」を選んで、「裁ち落とし」で“ドキュメントの裁ち落とし設定を使用”のチェックを入れてオンにします。

Illustrator CS3 以前では(裁ち落とし設定がないので)、手動で3㎜(または9pt)と設定します。 (そうして、折トンボ・ミシン目トンボなどを設けたときは、個別に手動で9㎜(または27pt)と設定します)

Illustrator CS4 以降や InDesign では 常に“ドキュメントの裁ち落とし設定を使用”のままにしておき、 折トンボ・ミシン目トンボなどを設ける場合(= PDF に自作のトンボを保存したい場合)には ドキュメントの裁ち落とし設定でその都度指定するのがいいでしょう。 また、裁ち落とし自体が不要な場合も、同様にドキュメントに(裁ち落とし0㎜と)設定します。 こうするとドキュメントごとに個別に保持されるし、赤い線でわかりやすく表示されます。

このように変更すると、プリセット名の末尾に“(変更)”が追加されますが、これは正常な動作です。 プリセットとは、設定の集まり(セット)に名前を付けて、いつでも呼び出せるようにしたものです。

【4】画像の解像度を設定

さらに、画質にこだわるなら、「圧縮」の解像度を中央上から360ppi、360ppi、1440ppiに変更します。 (任意)

ここで「PDF を保存」ボタンをクリックすれば PDF ファイルが保存されます。
ただし「PDF を保存」ボタンを押す前に、 次回以降のためにこの設定にプリセットとして(名前を付けて)保存しておきます。
上段のプリセットを選ぶポップアップメニューのすぐ右に、小さい保存ボタンがあります。

【5】プリセットを保存

保存するボタンをクリックすると、名前をつけるための次のようなウインドウが表示されます。

私たちは、“[PDF/X-4:2008 (日本)]”という最初から入っていたプリセットに、前述の裁ち落としの設定と画像解像度の変更だけして、 “PDFX-4 2008 JPN - 裁ち代”という名前で保存して使っています。
つまり、このようになります。

次回からは保存したプリセット名を選ぶだけになります。 InDesignなら「ファイル」メニューの「PDF 書き出しプリセット」サブメニューからプリセットを選ぶだけです。

最後に「PDF を保存」ボタンをクリックすれば完了です。
保存された PDF ファイルは、今一度よく確認してください。

【注意】

InDesign は「書き出し」で、Illustrator は「別名で保存」で PDF ファイルを作成しました。
InDesign ではこのまま作業を続けることができます。
Illustrator では、作業を続けてしまうと次の上書き保存でも PDF ファイルになってしまうので、 すぐにまた別名で保存してAI形式にするか、そのまま閉じることをお薦めします。

PDF/X-4 と PDF/X-1a は印刷向けの PDF ファイルで、リンク画像やフォントデータが埋め込まれています。

PDF/X-4 と PDF/X-1a では何が違うかというと、透明度に対応しているかどうか、です。
具体的にいえば、PDF/X-4 の方が新型なので、出力機が対応しているかどうかで使い分けることになります。 弊社は対応しておりますが、対応しているかどうか不明な印刷会社の場合は PDF/X-1a にしておけばより安全といえます。
また、どちらか一方でうまく PDF を作れないというときに、他方を試すことができます。

コンピューター上ではファイル名が頼りですので、わかりやすいファイル名にするのがいちばんです。
もしも PDF/X として保存したものかどうか失念した場合は、Acrobat で開いて文書プロパティの“カスタム”を見ることで確認できます。
本稿の方法で作成した PDF/X 準拠のファイルは、下図のようになっています。 また、“フォント”の項目を見てもすべてのフォントのサブセットが埋め込まれていることを確認できます。

【設定ファイル】

ダウンロードして使える設定ファイルを用意しました。 本稿の設定がうまくいかない場合はこちらをお試しください。 (少なくとも CS4 以降で使うことができました)

ダウンロードしたのち展開し、 InDesign なら「ファイル」メニューの「PDF 書き出しプリセット」の「定義…」、 Illustrator なら「編集」メニューの「Adobe PDF プリセット…」、 どちらかで“読み込み”ボタンをクリックして展開したファイルを選択します。
(どちらで設定しても共通です)